教育徒然

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

大阪市長発言に見る体罰防止のむずかしさ

 思うところあってしばらくブログ更新を停止していたのだが、先ごろの「体罰」についての展開にどうしても書きたくなってしまった。

 正直「体罰」の是非等について書くつもりはない。そんなものは自分の中で結論が出ているし、数多くのコメンテーターの語る叙情たっぷりな内容に影響されるものでもない。では何についてかと言われれば、事件発覚後の大阪市長の対処法にみた体罰防止のむずかしさについてである。

 そもそも「体罰」や「愛のむち」などと言われる行為は、「圧倒的な力の行使で有無を言わさぬ解決を図る」という点で全く同じである。それが行使し、行使された人間の関係性によって善悪を判断され、言葉が変えられているだけでしかない。少なくとも私の中ではそういったものである。そして、明確に「体罰」は法律上行ってはならないとされているので、体罰は行わない。もし自分が「体罰」を行ったとされるのであれば、その行為そのものについては自らの主張と周囲の判断を照らし合わせ、第3者の裁定に委ねるだけである。

 そんな中で「体罰」を行ったことにより、その学校に対して、大阪市長は「スポーツ系部活全顧問の異動」や「生徒募集の停止」といった措置を打ち出した。さて、これは一体どんな意味合いを持っているのだろうか。

 報道されている市長の発言に微妙に機微があるので、一概には言えないが少なくとも「全教員の入れ替え」については改まり、「スポーツ系部活の顧問の総入れ替え」に修正が見られたようである。この措置については当該校の全教員に対する「体罰」に対する意識改革及び懲罰的な意味合いがあるのだろうと推察する。

 これを歓迎する声が見られるのは、当該校の教員に対して懲罰が妥当であるという視点に立ったものと考えられる。一方で疑問視する声については当該校の生徒の事情や事件の概要究明につながらないのではないかという視点に立ったものであるように思われる。

 私の考えとしては懲罰的意味合いとしても体罰への意識改革としても全く意味をなさない判断に思えてならない。少なくとも「体罰」に間接的にであれ全教員が関わっていたという事実を前提に置いているのであれば、単なる異動に過ぎないことを懲罰的に行ったとするのであれば、それは対外的パフォーマンスに過ぎず、根本を改革しようという意識からも遠ざかってしまう。組織を解体すれば、もしくは悪いと思われるところを摘出し、入れ替えを行えば何とか急場は凌げるという程度の認識に留まっているのではないかと訝しむばかりである。

 では、「生徒募集の停止」についてはどうだろうか。これは、学校では地域や保護者に対しての「体罰」に対する考え方を変えるよう促す措置であるとの発言があったようである。すなわち、体罰を容認していたのは、教員だけではなく、OBや保護者、地域であり、募集停止という措置を取ることによって、その再考を促すという事らしい。

 しかし、そうなるともっとも身を糺して問われるべきは市長自身になることに気付いているのだろうか。そこまで言及するつもりもないが、市長自身、自殺した生徒の遺族に対して「体罰に対して考え直さなければならなかった」という旨の発言がある。そんな発言をしている人物が、自らの「体罰」に対する「甘い考え」に懲罰を課さなくては、保護者・地域に納得してもらえないのではなかろうか。

 そして、予算停止も辞さないという強硬姿勢は「圧倒的な力の行使で有無を言わさぬ解決を図る」という構図と一致して見えてならない。「自らに決定権があるのだから、大ナタを振るって改革をする」のは痛快に見えるかもしれないが、もし同じようなことを教員が生徒に行えば批判は免れないだろう。

 同一視することがおかしいと思われるかもしれないが、あまりにも頑なな主張を見ると、どうにもやりきれないと考えてしまう。加えて、同じようなものであるのならば、今後も「体罰」を行う可能性が0にはならないのではなかろうか。

 さらにいえば、この体罰に限ったことではないが、こういった教育関係の内容が大きく取り上げられても、普段の「授業」について言及されないのがあまりにも虚しい。学校生活の大半を占めるのが授業であるにも関わらず、その点に触れられないのは何とも言えない。

 抒情にそった主張は受け入れ難いというのはわかっている。しかし、どうしてもこれだけは思ってしまう。ゆっくりと時間をかけて築いた関係性を権限があるからと言ってぶち壊しにしてしまうのは残念でならない。効率や成果・結果を重視するのは結構だが、何のために「教育」があるのかを多角的に考えてもらいたい。

スポンサーサイト

PageTop

う~ん

 自分の意見をもち、偏り過ぎない判断力を有することがネットに接する上で重要だと私は思っている。しかし、私自身どこまで公平に判断出来るかと言われれば、それは曖昧であり、自信はあまりない。ところが、ネット上の意見を見ると、どうもそう思っていない様子が多数確認できる。

 よく見受けられるのが、既存のマスメディアは信用できず、ネットの方が信頼できるというものだ。いわゆる三大メディアは偏向が過ぎており、ネットには事実が述べられているといったものなのだが、その偏向の度合いについては正直証明する手立てもないので、ここでは取り扱わない。ではネットの中に偏向されない事実があるのだろうか。

 この点について、重要視しなければならないのは、「事実」であるという判断を下すのが「自分」であるということだ。三大メディアは確かにある一定の向きに従って報道しているといえるだろう。それがどの向きなのかを確定することはできないが、要旨を作ろうとするだけでも、何らかの指向性が働かないと意味のある要旨とならない。

 ネットはこの指向性がないように見える。しかし実際は指向性がないのではなく、あまりに多くの流れが存在し、混然としているために、流れを読み切れずに、指向性がないように見えるだけである。これにより一つの事実という情報に対し、多くの解釈や見解が出てくる。その解釈や意見を如何にして自分が読み解き、自らの判断をどう下すかが今問われている。

 そう考えると、自分の情報収集能力や判断能力を高く保とうとしない限り、公正な判断が出来なくなってしまう。実際、教科「情報」ではそれを求めており、「情報活用能力」として育てようとしているのである。では、今のネットを使う者たちは、それが出来ているかと言われれば、一概にそうであるとは言えない。

 なぜならば、もしそんなにも容易く身に付けられるというのであれば、これほどまでに今後の教育に必要であるとは叫ばれていないであろう。むしろ、情報モラルや情報倫理など教える必要などなく、自然と身につくものであると言われる方が今後の社会にとっては良いと思われる。

 それこそ「ネットには真実が書かれている」などという幻想や妄想を抱く人も見受けられるが、その「真実」という言葉に踊らされ、判断能力が低くなってしまったのではないかと心配してしまう。特に判断能力が発達途上の子どもたちに、妙な幻想を抱かせるようなことを仕出かさず、自らの判断や指向を育て導き出せるような役割を果たすべきではないだろうか。

PageTop


<いじめ>対応「時間不足」…小中高の教師の7割 本紙調査

 なんとなくではあるが誤解を招きそうな書き方だなと思う。

 確かに時間は必要である。というよりどれだけ時間があっても構わないという意味である。何せ一件のいじめが発生してしまった場合に、そこに掛けられる時間はただでさえ膨大な量になる。加害者と被害者それぞれの生徒からの訴えをきき、さらに周辺生徒へのヒアリング。ヒアリングから得られた情報の事実確認。そこから当事者生徒保護者への報告。また今後の対応策を練る。といったことが最低限行われる。

 しかも、これらは通常の学校業務にプラスされて行われる。普段とて別に暇をしているわけではないので、時間が必要であるというのはごく当たり前のことである。事務作業が増えたことによって色々と圧迫されているのは確かだろう。ただ通常の業務が減っているわけではないことをもう少し意識してもらいたい。

PageTop

「情報」を教える意味

 未だに「情報」の授業にも拘らず、別の事を教えているという話をたまに聞く。どういった学校でそういった措置を取っているのかは想像に難くない。しかし、そういった学校を責めたところで意味がない。問題は「情報」という授業を教える側が明確なる目標や目的を意識するところにあると思う。

 そもそもの目標としては学習指導要領に書いてある通りではあるが、それを建前としか捉えておらず、もっと大事なことがあるとすり替えてしまっているのが実状である。それは例えば今後の進路に関することに直結する授業を行いたいという事であろう。

 「情報」の授業単独では、進路に対して大きなアドバンテージを取っているとは言えない。一部資格の話が有用なものになってきてはいるが、それでもほとんどの場合、おまけ程度にしか思われていないのではないだろうか。その為、一部の高い才能を開花させた生徒以外、「情報」の知識技能を評価されることは少ない。

 受験主義とまではいかないが、そんな背景もまた今の「情報」の授業を圧迫しているようにさえ思えてしまう。教科の意味を考えるという点では、「理科」における米村でんじろうさんの話を知る人もいるだろう。彼もまた受験教育に相容れられず、「楽しさを教える」という教育方法に移行した例でもある。

 これらをどう捉え、今の「情報」及び情報教育につなげていくかが係っている。出来ることならば、一部の教員にしかできないのではなく、「情報」を教えることの意味、そして楽しく今後の為になる教育を行える教員を増やしていきたい。自分が一体何をできるのかはわからないが、色々と伝えていきたいというのが本音である。

PageTop

面白い!面白いけど・・・



 正直この動画をものすごく授業で紹介したくてしょうがない。
該当ページにはあるけれど、「変態に技術を与えた結果がこれだよ!」や「愛すべき馬鹿」といった文言がならぶ。何というか、こういう方向から働く創造力というのは非常に面白い。後ろめたさからくる面白さというか、公にやるにはちょっと躊躇われるものではあるが、だからこそ生まれたのであろう。

 本当ならば、こういったものをこっそり教えていきたいところなのだが、何せそこは教育現場。ある程度自重しなければならない。技術的には凄いものでありながら、それを公にできないもどかしさ。何ともジレンマである。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。