教育徒然

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

偽りは己をも殺す

日本で行われた調査ではないが、面白い内容の記事を見つけた。

子どもが親を欺く10の手口 - 10代若者のオンライン活動実態調査

 さて、これを見た矢先に以下のようなやり取りを見つけた。これをどう考えるか。

妹のために描いた絵が盗作された。

妹のために描いた絵が盗作された。の続き

 詳細はリンク先で確認してもらうとして、こういった事例が起きることは予測できたとして、何が問題なのか、どう対処するかを焦点に考えるべきである。

 自分自身をも欺き続けていかねばならない状況に自ら追い込んでしまい、挙句の果てには非難の的となってしまった人物。ちなみに以下のような例もあるらしい。

 面接にやってくる「pixivで他人の絵を印刷してファイルに入れてくる」応募者
 
 彼らはどうしてこのようなことをやってしまったのか。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。