教育徒然

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

数を数えるときは慎重に

 如何せんネットをやっていると否応なしに様々な数字が目に入ってくる。言葉のやり取りが中心になっているのだから当然といえば当然なのだが、どうにも疑問に思うような数字が目に貼ってくる機会も多い。そしてその数字を完全に鵜呑みにしているのではないかという言動も目立つ。もちろん正しい数字を上げようとしている部分もあるのだろうが、どうも独りよがりになっていないかと疑いたくなる例も見受けられる。

 非常に気になるのが、個人の意見に対して向けられる人または意見の数である。どうしてもネットという媒体では人の数が多くなるほど、声も大きくあっという間に一つの意見が拡散する傾向がある。問題はこの拡散した意見に人が簡単に乗ってしまいやすいという事と、場合によってはその意見の発言主が数に反応して、自分はすごいことを言ったまたはすごい人物なのだと勘違いしやすい点にある。

 自分の都合のいいように意見を解釈するのは勝手なのだが、自分が思っているほどに自分は支持されていないという事を念頭に置いた方がいいと思われる。簡単に同調できる仕組みがあるという事は、人は簡単に自分から離れていくという事も表している。そういった意味でネット上で数を数えるときには慎重になった方がいいだろう。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。