教育徒然

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

もやもや

情報を抜き取るスマホアプリに注意、メールでダウンロードさせる手口も

コンピュータウイルス・不正アクセスの届出状況[8月分]について

 さて、先週の授業で以上の内容について生徒たちに注意喚起をしてみた。また無料通話アプリの「LINE」についても色々と気になる点があるので、しっかりと判断して使うようにと話している。とはいえ、生徒たちには強制するのではなく、自らの判断で使用するものを決めることを推奨しているのだが、今一つ伝わりきれていないようにも感じる。

 もともとスマートフォン自体が、情報機器の端末としてかなり有益なのだが、そのぶん悪意のあるアプリの危険性や情報管理の重要性に目を向けなければならない。ところが、そのリスクを回避する理由を見つけられないのが現状であるように思う。いくら注意しろと言っても危険だと思えないのであれば、積極的に対策する理由もなくなってしまうのだろう。一度でも痛い目に合えば対策する気にもなるのだが、いつ危険が襲ってくるのか分からず、気付いた時にはもう手遅れとなっているのがほとんどである。むしろ本当に偽サイトでもつくって体験させる方がいいのかもしれない。

 また自分で判断ということについても曖昧にしか考えていない。自分なりにどういった作用があるのか調べるという基礎を作りたいのだが、きっかけを与えても調べようとする素振りがないのだ。必要な機能だけ分かっていれば、それ以外はどうでもいいという視野狭窄を起こしているようにも考えられる。

 フル機能使ってほしいというわけではないが、どうも使い方に首をかしげたくなる。正直ももやもやとした感覚が抜けない。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。