教育徒然

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

有料情報に必要なもの

 有料メルマガについてどう思うかを雑記で書こうと思っていたら、ふと情報の有料化と情報教育についての関連性が頭について回ったのでそれについて綴る。

 最近のネットには金銭的な事情がついて回り、嫌儲だとかステマだのという話が出てきている。オンラインゲームの課金アイテムやペニーオークション、個別宣伝、会員制サイトの有料化に有料メールマガジンなど珍しいものではなくなってきている。しかし金銭が絡む話はどこであってもトラブルを生むものである。ニュースなどでは、未成年による課金アイテム欲しさの不正アクセスなどが話題にのぼり、こぼれ話では子どもが携帯電話の有料ゲームにはまって相当な金額をつぎ込んでしまったとのことである。

 そして、ネットで提供されている情報が近いうちに有料になることが当たり前と言われるかも知れなくなっている。一部新聞サイトではすでに無料で提供していた情報を有料化しており、著名人の有料メルマガも徐々に増えてきている。これによって何が変わるのかを考えてみた。

 まず大手の新聞社が手掛けているニュースサイトがすべて有料化することはあり得るだろうか。おそらくこれはないだろう。もし有料化するとしても、詳細記事のみ有料化し、簡易記事を掲載するというスタイルにしばらくは従事すると思われる。紙面での読者が一定数以上いるのであれば、有料電子版に完全移行するうま味は少ないのではないだろうか。簡易記事さえもない状態では、むしろ集客力が乏しくなり購読者層も減ってしまう可能性さえある。

 ただ簡易記事が多くなるという事は、情報量や情報の精度が低くなることを意味し、これまでネットの無料情報を利用していた人々は、有料化された情報か他の情報媒体を利用することにつながる。紙面の流通が安定している新聞は、手に入れやすさや値段においても一般化されているので、電子化におされ発行部数は減るものの消えることなく利用され続けるだろう。そう考えるとテレビやラジオという無料で視聴できる情報媒体もネット上で利用されるだろうが、それぞれの電波を利用した提供方法は消えることはないのだろう。

 そう考えると、むしろ気になるのは他のネット上の有料サイトや有料メルマガである。今どれだけの情報がネット上に有料で出回っているかは分からないが、近い将来、スマホなどで有料サイトを読むのが当たり前になるのだろうか。その場合、テレビやラジオ、新聞、ニュースサイトとは違った目線で書かれた内容が目を引くことになるのだろう。今でいえば、津田大介さんや上杉隆さん、辛坊治郎さんのメルマガになるのかもしれない。

(ちなみに私自身はメルマガをとっていないので、何が書かれているのかは他者の書いた内容を読む程度のことしか知らない。今挙げた三名に関しても、ただ有料メルマガでニュースについて書いてる人を調べたら出てきただけである。ただ津田さんのメルマガの内容については、彼をツイッターでフォローしているので、そのツイートの中から漏れ聞こえてくる程度の情報は知っている。)

 しかして、これらの有料情報はどこまでアテにすることが出来るのだろうか。(これは今の有料情報にケチをつけるつもりではなく、あくまで「有料情報を提供している試金石」と捉えて頂きたい。)情報提供者をどこまで信じるかということにもなってくるのだが、有料であるからにはそれなりの情報量や精度などの質が求められる。当然、質が悪ければ有料である意味に揺らぎが出てくることになり、更新されることも少なくなってしまうのだろう。

 とはいえネットにおける有料情報は大手新聞社などをのぞき、ニュースなどを別の目線から捉えるための役割を果たすことに一役買うことになるだろう。また、一般紙などでは話題に上りにくい専門性の高い内容を伝えるものとしても有意義であろう。ただ、もし本当にネット上の有料情報がそういった性質のものになってくるのならば、入ってくる情報量が細かく多くなるので、それらを検証し、自分で行動の選択をできる能力がより必要になる。その時にこそ情報教育を行った結果が出てくるだろうと思われる。

 現在のネット上に「信者」や「アンチ」といったレッテルを張っている人達がいることは周知の事実だろう。自分の考えを持って他人に同意したり反対しているにもかかわらず、二元論的に批判したり、炎上させることそのものを目的としてしまった現状をあまり好ましいものとは思えない。しっかりと有料情報を提供する人物たちの動向を確認し、情報提供者を追い込むぐらいの論理・意見をもっていくことが必要なのだ。

 同時に有料情報の提供者は、自分の情報が有料にふさわしいかを判断する人物が現れることを望まなければならないだろう。それこそ購読者を自分の信者と言われぬように情報の公開も図るべきだと私は考えている。現状、新聞や書籍などは図書館などで無料で読むこともできる。最新情報について即時公開すべきとは思わないが、せめてネット上ならば半年から1年後には7割以上の情報を公開するか、書籍にまとめて追記したうえで発刊することが望ましい。もちろんネット上で一度有料化した情報を無料公開することは購読者に損を与える結果になる。だが、ネットの即時性を考慮した有料情報は、将来の結果を選択するためのものと考えられ、決して無駄にはならないのではないだろうか。

 もっともそれを実行するのは難しいのかもしれない。とはいえ、自分を盲信する購読者だけではネット上の有料情報に未来はない。購読者も自分の考えをもつための有料情報であると意識を高く持ち、情報を選別、検証し、質が悪ければこんなものでは満足できないと突っぱねるだけの読者に成長しなければならない。

 

 
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。