教育徒然

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

大阪市長発言に見る体罰防止のむずかしさ

 思うところあってしばらくブログ更新を停止していたのだが、先ごろの「体罰」についての展開にどうしても書きたくなってしまった。

 正直「体罰」の是非等について書くつもりはない。そんなものは自分の中で結論が出ているし、数多くのコメンテーターの語る叙情たっぷりな内容に影響されるものでもない。では何についてかと言われれば、事件発覚後の大阪市長の対処法にみた体罰防止のむずかしさについてである。

 そもそも「体罰」や「愛のむち」などと言われる行為は、「圧倒的な力の行使で有無を言わさぬ解決を図る」という点で全く同じである。それが行使し、行使された人間の関係性によって善悪を判断され、言葉が変えられているだけでしかない。少なくとも私の中ではそういったものである。そして、明確に「体罰」は法律上行ってはならないとされているので、体罰は行わない。もし自分が「体罰」を行ったとされるのであれば、その行為そのものについては自らの主張と周囲の判断を照らし合わせ、第3者の裁定に委ねるだけである。

 そんな中で「体罰」を行ったことにより、その学校に対して、大阪市長は「スポーツ系部活全顧問の異動」や「生徒募集の停止」といった措置を打ち出した。さて、これは一体どんな意味合いを持っているのだろうか。

 報道されている市長の発言に微妙に機微があるので、一概には言えないが少なくとも「全教員の入れ替え」については改まり、「スポーツ系部活の顧問の総入れ替え」に修正が見られたようである。この措置については当該校の全教員に対する「体罰」に対する意識改革及び懲罰的な意味合いがあるのだろうと推察する。

 これを歓迎する声が見られるのは、当該校の教員に対して懲罰が妥当であるという視点に立ったものと考えられる。一方で疑問視する声については当該校の生徒の事情や事件の概要究明につながらないのではないかという視点に立ったものであるように思われる。

 私の考えとしては懲罰的意味合いとしても体罰への意識改革としても全く意味をなさない判断に思えてならない。少なくとも「体罰」に間接的にであれ全教員が関わっていたという事実を前提に置いているのであれば、単なる異動に過ぎないことを懲罰的に行ったとするのであれば、それは対外的パフォーマンスに過ぎず、根本を改革しようという意識からも遠ざかってしまう。組織を解体すれば、もしくは悪いと思われるところを摘出し、入れ替えを行えば何とか急場は凌げるという程度の認識に留まっているのではないかと訝しむばかりである。

 では、「生徒募集の停止」についてはどうだろうか。これは、学校では地域や保護者に対しての「体罰」に対する考え方を変えるよう促す措置であるとの発言があったようである。すなわち、体罰を容認していたのは、教員だけではなく、OBや保護者、地域であり、募集停止という措置を取ることによって、その再考を促すという事らしい。

 しかし、そうなるともっとも身を糺して問われるべきは市長自身になることに気付いているのだろうか。そこまで言及するつもりもないが、市長自身、自殺した生徒の遺族に対して「体罰に対して考え直さなければならなかった」という旨の発言がある。そんな発言をしている人物が、自らの「体罰」に対する「甘い考え」に懲罰を課さなくては、保護者・地域に納得してもらえないのではなかろうか。

 そして、予算停止も辞さないという強硬姿勢は「圧倒的な力の行使で有無を言わさぬ解決を図る」という構図と一致して見えてならない。「自らに決定権があるのだから、大ナタを振るって改革をする」のは痛快に見えるかもしれないが、もし同じようなことを教員が生徒に行えば批判は免れないだろう。

 同一視することがおかしいと思われるかもしれないが、あまりにも頑なな主張を見ると、どうにもやりきれないと考えてしまう。加えて、同じようなものであるのならば、今後も「体罰」を行う可能性が0にはならないのではなかろうか。

 さらにいえば、この体罰に限ったことではないが、こういった教育関係の内容が大きく取り上げられても、普段の「授業」について言及されないのがあまりにも虚しい。学校生活の大半を占めるのが授業であるにも関わらず、その点に触れられないのは何とも言えない。

 抒情にそった主張は受け入れ難いというのはわかっている。しかし、どうしてもこれだけは思ってしまう。ゆっくりと時間をかけて築いた関係性を権限があるからと言ってぶち壊しにしてしまうのは残念でならない。効率や成果・結果を重視するのは結構だが、何のために「教育」があるのかを多角的に考えてもらいたい。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。