教育徒然

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

問題と提案 電子教材(コメント編)

 コメントありがとうございました。そして、補足として少し書かせて頂きたいと思います。

 教材の内容削ぎ落としについて意見が合ったのは非常にうれしいことです。そして「PDCA」の「CA」が抜けているのではないかという指摘についても確かにそういった部分があるなと納得できます。そのうえで「PD」だけになっているように見える要因を二つほどあげたいと思います。

 まず一つ目に電子教材を使いこなす対象が個人になりがちなのではないかということ。コメントの中で指摘されていた通り、教科書は複数の人物による編集もしくはいくつもの校正を経て出版されることで、内容そのものが平板化されるかわりに、大勢を対象としたものに仕上がります。

 しかし、現時点での電子教材は、大勢で作るというよりは、得意な人物が作った個性がそのまま出てくる素材となりがちです。そのため、作った当人にとって、もっとも使いやすいと同時にいくらでもアレンジをきかせられるので、そこから発展内容が表に出てこないのではなかろうかという推測がたちます。しかも、ただでさえ電子教材を使う人数は少ないので、その分結果にフィードバックしにくいという現実があるのではないでしょうか。

 また二つ目として教材の共有についてあげたいと思います。これは教員間の問題になる部分があって非常に恥ずべきことなのですが、同教科の教員同士であっても教材を共有して使うことが少ないという現実があります。私はオリジナルであってもいい教材は教員同士で共有して使う方がいいと思っているのですが、どうもそのあたりは受け入れられにくいようです。今のところ私は自分の教科担当が一人なので、そういったことはありませんが、根深く存在する問題です。

 私の中学時代の経験なのですが、ある社会科のA教員は自分で作ったオリジナルの教材を授業で使っていました。私は1年次にそのA教員から授業を受けていたのですが、クラス変更によって2年次には別のB教員から教えを受けることになりました。ただ1年次の教材がなかなか面白い作りだったので、2年になってもそれが欲しいと思って、A教員に頼みに行ったところ、断られました。どうしても欲しいなら、そのA教員が受け持っているクラスの生徒からコピーしてくれとのことでした。

 理由として言われたのは「B教員の授業受けてるのに、それはマズイ。B教員に悪いから」というもので、その当時は納得できませんでした。しかし、今になって教員同士のやり取りを見ていると、その傾向はどうも強いようです。要はオリジナルの教材は一つ目の理由に挙げたとおり癖が出やすく、誰にでも通ずるものではない。そのため、教材を共有しても、教員が違えば授業も違うため同じ結果は得られない、または意味がないと判断されてしまうのです。

 電子教材に限ったものではないですが、教科内でお互いの授業の違いが分かるからこそ、オリジナル教材が共有されません。他人の授業にあれこれ口を出さないという配慮みたいなものもあるのでしょうが。

 教科内のやり取りに起因するとはいえ、一蹴するには少しばかり重い案件です。その点、教科担当者が一人だったり、複数クラスの同一授業を一人で担当している場合は好き放題できてしまうということから、教材が生まれやすい環境にあると言えます。そういった状況があることから、私の場合はかなり好き勝手やってMAD等を絡めた著作権の授業展開を行っているわけです。
 
 最近「ONE PIECE」のアニメを使って人権教育をしているという授業も記事に掲載されましたが、あれもまた誰もができるわけではないと思います。同僚でも「君に届け」や「EVAGELION」の1シーンを国語の教材に使っていますが、きっちりフィードバックしていても他の教員もできる授業にはつながらないでしょう。というよりも一般化される教材は、ボトムアップからは難しい場合があると考えた方がいいかもしれません。

 だからと言って電子教材の一般化を断念するわけではありません。各教科に対応した電子教材を生み出すには、多方面からのアプローチが必要なので、意見の一つとして考慮していただけるのが肝要です。

 ちなみにデータベース化については、コメントにあるような退職者や地域の方が参画されることに大きな意味があると思います。今はネット上のクリエイティブな試みが大きな力となっています。教育に与える影響も大きいので、そこに業者としても絡んでいける取り組みを推進してくれる人がいるのは非常に有難いです。

 最後になりますが、コメントしていただき本当にありがとうございました。また校務のIT化等についても書いていきたいので暇つぶしにでも読んでいただければ幸いです。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。