教育徒然

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

電子黒板や電子教材とまではいかなくとも

 正直まだまだ電子黒板が入ってくるとは言えない状況の中で、使いたい機能がある。それはタブレット端末とパソコンを同期させて、タブレットを操作することでパソコンを自在に扱えるようにしたい。なんといっても板書する時に腕をあげて書き続けるのはなかなかつらい。書く量もそれなりにあるのでそちらに手を取られていると生徒自身も書くことだけに時間をとられてしまう。

 このタブレットによるパソコン操作ができるだけで大分様変わりするだろうと思える。何せすでにほとんどの高等学校ではプロジェクターが導入されているので、手元で色々書けばそれを大きく表示できる。また机間巡視を行いながらも、直接黒板をいじることが出来るので、生徒にとっては手元と黒板の違いを指摘されながら確認できるのだ。

 そういった機能は一部ですでに行われているようなので、実際にそれができると指導も楽になるのだと個人的に思う。フリーソフトで「白板ソフト」というものがあったりするので、それを応用するだけでも大分色々なことが出来る。機材と教材をセットで考えるのではなく、それぞれの活動にあった使い方を模索させることも必要だろうと思う。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。