教育徒然

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

授業提案 1

 「授業提案」は実際に授業と出来るかは分からないが、一つの構想として思いついたときに書き記していきたい。

 今回の標題は「インターネット上における表現行為の実施と反応について」である。
 
 
 授業内容 

 ① 授業で一つの内容について賛否を募り%で提示。加えて特徴的意見の抽出。

 ② 結果をまとめたものを教員が動画にする。

 ③ you tubeかニコニコ動画なので動画を投稿。

 ④ 一定の期間をおいた後、再生数やコメントなどを確認。

 ⑤ どういった反応があったのかを改めて授業内で考える。

 ネットを授業で使うのがいつまでも情報の検索だけとはいかないので、実際に表現行為をしてみようというものである。どうしてもネットで発信というと各自によるものと考えがちになるが、集団で意見を出しあうような過程であったり、まとめた内容を載せるというのも面白いと思ったので一つの構想とした。

 メリット

 a 実際に投稿した経験がなくとも自分たちの意見であるとの実感が出る。

 b 教員による投稿なので、プライバシーに配慮できる。

 c もし外部によるコメントあった場合、意見の現実感がます。

 d 生徒自身もしくは家庭での確認ができる。

 注意すべき点

 α 生徒自身、もしくは外部による荒らし行為。

 β 反応の有無。

 γ 抽出意見発表について各生徒への配慮。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。