教育徒然

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

補足

 幸いなことに小寺さんご本人からブログへの指摘を頂いたので、そちらの内容についての補足等をしていきたい。またツイートされた内容からの引用についても快諾して頂いた。改めてここでお礼を述べさせていただきます。ありがとうございました。不定期ではありますが今後も続けていきますので、何かしらの参考になれば幸いです。



 さて、まずは一つ目のツイートから。

「このエントリーでは、『保護者全員が一つの例外もなくデジタル化された情報を受け取れる環境が整備されていない』という仮定に基づいているが、実際に調査すべきである。ちなみに須磨学園では、調査したところ全家庭にネット接続環境があった」

 こちらについてだが、参考程度に私が授業を担当しているクラスからの概算を導き出してみた。ただ、詳細な数字については、それこそ勝手に調べて許諾もないまま載せていいのかと追及される可能性もあるのでご勘弁いただきたい。言える範囲では学年をわけない複数クラスで大体の数字を出している。


  a 情報機器の所持率      約97%(家族含め) 3%は携帯電話(ガラケー)もパソコンも持たず。
  b パソコンの所持率       約80%
  c PCのネットワーク接続率  約60% 
  d スマートフォン所持率    約30% なおスマートフォンを持つうち、PCの所有率、接続率はほぼ100%

 なお、本校は複雑な家庭環境におかれた生徒も多く、学校としての平均をとればおそらくこれより数字が上昇する可能性が高いと思われる。携帯電話を含めた情報機器の所持率と考えれば、ほぼ100%に近くなるだろう。また今後ガラケーの所持率が減りスマートフォンへ移行すると考えられ、デジタル情報を受け取れる環境は整い始めたと言っていいのかもしれない。心情的には本校のような3%をどう扱うかという点は気になるが、数字で見ればわずかなものでしかない。

  
 では2つ目のツイートについて。


「僕が学校からの手紙をスキャニングしないのは、自分だけが問題を解決できても意味がないからである。そもそも学校からの手紙もWordとかで作っているのに、それを何百枚と紙にプリントして、またそれを各家庭でデジタル化するというのは無駄では。」

 このツイートから「何百枚もの紙に印刷するのが無駄である」ということと「元データがあるのにわざわざ保護者がデータ化するのが無駄である」という2点の無駄があることについて述べていると私は受け取った。最初の「自分だけが問題を解決しても意味がない」というはまったくもってその通りであり、これについては前回の終わりに書いた提案も関係するので割愛する。


 まず私自身のスタンスとして理解してもらいたいのは「プリントの配布をデジタル化して行うことは時間の問題であるが、補助的に紙による配布も行われ続けるだろう」というものである。加えて全体的に私の主張したいことは、「現状の設備と人員配置のままでも、各教員の能力向上を図り、保護者の理解を促すことで実現可能な提案をする」ことだと考えて頂きたい。設備投資などの大きな金額が動くことや各個人のもつ特有スキルでなければできないとするのは現状からの逃避でしかないからである。もっとも巨額の金で解決されてしまう事例が多々あるという現実もありますが。


 さて本題に戻って。まずは「紙という媒体が無駄である」という視点を持ってほしい。極端な例ではあるが、そもそも紙を使わずにデジタルでのみ情報提供すると仮定する。それこそ文書の作成自体はすでにほとんどのものがデジタルで保存管理されているので技術的、設備的にも現時点で不可能ではない。おそらくはデジタルによる転送が将来的には主流になるが、現実にこれを行おうとしたときに問題点が出てくる。それはテストの点数や評定、身体測定の結果などの個人情報の取り扱いについてである。

 個人情報の中でも特に守るべき情報を現状のネットワーク環境やセキュリティのまま転送することを保護者が良しとするだろうか。これは正直わからないというのが私個人の感想である。そのため実行に移すこともためらわれる。できれば大規模な形で現在の保護者にアンケートをとるのが望ましい。


 「何もそこまですることはない」「成績だけ紙に印刷すればいい」と思う人も多いだろうが、他の情報についても紙で出した方がいいという要望があった場合、結局個別対応に時間がとられ最初から大量印刷した方が手順もこれまでと変わらず手っ取り早いと判断され、ペーパーレスから程遠くなることは目に見えている。紙からデジタルへの完全移行に不安が残るのであれば、配布について不確かな領域で紙とデジタルを使い分けることを余儀なくされ、効率よい使い方であるとは判断されにくいだろう。


 すなわち、ネットワークの情報保持や機密性を保護者および教員または他の関係者が、紙よりも信頼できるものとして受け入れられるかというのが一つ目の課題である。


 では、二つ目の視点だが、誰がプリントを発行しているかという点をまず想像してほしい。これは本の中でも指摘されていたが様々な部署である。前回のエントリーで一通り部署の名前をあげたが、主にその部長や主任が原案をつくるのが通例ではないだろうか。ここで使われるソフトはご指摘のあった通り「word」であることが多いが、「一太郎」もまだ根強く使われている。

 そして原案から各部署内の稟議と管理職の承認によって決裁が下り、文書が発行される。稟議の際はデータではなく印刷されたものが周り、大本のデータは起案した人物が保有している。ここで問題なのは、そのデータが後に共有されることを確約されているかどうかである。

 校内ネットワークが整備され、全ての教員がアクセスできる場所に文書を共有することが定められていれば、生徒と保護者へ文書をわたす窓口である担任がデータを保護者に提示することが出来る。しかしネットワークにつながらないパソコンを担当教員が使っている場合やネットワークそのものが機能不全であった場合に大本のデータを持っているのがたった一人という現状が発生してしまうのである。

そのため、担当教員が不在の場合、校内の人間ですら大本のデータがどこにあるのか分からない場合がある。この問題は学校のネットワーク管理そのものを是正することが必要であり、ネットワークのチェックとメンテナンスについての規定を定めなければならない。

 またネットワークについて管理が行き届かない原因に、必ずしも教員の中にネットワークを運営管理できる人物が複数いるとは限らない現状がある。校務を行いながら、たった一人でネットワーク管理している教員もおり、余計な仕事がますます増えている。外部委託もされているが、業者は近隣の学校や他の案件も掛け持ちしているので、即時の対応が期待できず3日~4日ネットワークがつながらない時もある。


 すなわち、文書の共有などのネットワーク利用に関する教員に知識の乏しさと校内ネットワークの維持管理の向上に務めるというのが二つ目の課題である。

 二つ目については、学校側の利用法に課題があるという事で、今後の各教員の技術スキルの向上を積極的に図っていかなければならない。ただ吐露してしまえば、これは正直気が重い。若い世代はともかく、ベテランに向けた実践的な研修をどれだけ実施できるか不安が残る。

 ということで先日のエントリーについて指摘された部分を補足してみた。正直考え過ぎて途中で何を書いているのか分からなくなった部分も多々ある。疑問点やおかしな点がさらに拡大する場合もあると思われるので、その時は改めて綴りたいと思う。

 最後に、先日の記事をご覧いただき本当にありがとうございました。まとまりがなく、無茶苦茶になってしまいましたが、これを書くきっかけを作っていただいた小寺さんにお礼申し上げます。本当にありがとうございました。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。