教育徒然

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

人と人の関わりこそ教育。


 「書店が果たさねばならない役割がある」――ジュンク堂新宿店“最後の本気”

 この記事を読んでここに教育が息吹いていると思った。自分の思考にも関わらずあまりにも直感的にすぎて、なぜなのかがよくわからなかった。しかし、確実に教育につながるとの確信めいたものがあったのでそれを記してみる。

 リンク先の記事はITメディアによるものだが、Yahooに転載された記事についたコメントに以下のようなものがあった。



本を選ぶ時、ネット通販は簡単便利だけど偶然を呼び込まない。
本屋での店頭買いはお目当てとは違う本を買う偶然がある。
本屋って本が好きな人の五感を呼び起こす、そんな場所。




 そして、ジュンク堂新宿書店の店長の言葉がこうある。



「『こんな本があります』という提案型の売り場作りや、実際に本を見て選んでもらえるのは、ネットではない、リアルの書店だからこそ。それを求めている方もいらっしゃるんだなとつくづく感じ、その思いをジュンク堂の他の店舗にも共有しました」




 この二つの言葉に私は大きな意味を感じたのだと思う。授業にも通ずるものがあると。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。