教育徒然

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

バカ発見器をどう使うか。

 バカ発見器と揶揄されているツイッターだが、生徒の使用率も徐々に高くなってきている。しかし、よくわからないまま使っているのだろうという行動が見え隠れする。フェイスブックにしてもミクシィにしても使われる媒体は様々あるが、そこで何かしら大きなトラブルがないまま使い続けているの大人も同じだが、使うことによる危うさを感じるのは子どもたちである。

 一部の部活動ではSNS禁止を指導するなどの措置が取られているが、そのままでいいだろうということではない。実際私の授業では炎上の例やネットで話題になったツイートなどの概略を話している。もちろん個人情報に関わることは一切口にしていないが、その顛末などを話すときは、なんでそんなことをするのかという呆れ気味な態度で取り上げている。生徒自身からも、そんなことをするのは変だろうという感情を引き出すことが出来るのだが、それに加えて、なぜそんなことになったのかも、一部推測しながら話すことで、考えさせることの動機を与えられるのではないだろうかと思っている。

 事例を出すという意味では、ツイッターやブログの炎上例は宝庫である。震災の時に役立った例や面白い受け答えなどもネットで起こっている現象という意味で見れば、数多く存在している。これらは、教科書にそった教材にはなりにくい話だが、ネットの現状を伝える小話として取り扱う分には意味がある。

 ツイッターに全く触れることのない生徒もいるなかで、蔑称としての「バカ発見器」の意味を伝えることにどれだけ効果があるかはわからない。しかし毒も使いようによっては薬となるので、使い方を誤らぬよう注意しながら事例としてつかっていきたい。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。