教育徒然

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

情報教育の受け入れ先

 一概に情報教育と言っても、その幅は広い。情報機器の初歩的技術からプログラム構築が出来る専門的知識の習得、日常的に使えるネットワークの活用方に加え、そのネットワークを管理するための技術、話題の情報モラルなども含めれば取り扱うことのできる内容は多い。

 ゆえに情報教育を行う対象にはその内容を選定して行く必要がある。学校では教科書の選定がそれに当たり、社会での情報教育となればテーマによって内容が選定されることになるだろう。以前も述べたが、現在の大多数の社会人は中途半端に覚えた技術と一昔前のネットワークの自由性を過信している節があるので、少ない機会を活かし徹底的に技術に注目した情報教育を行う方がよい。また継続して授業を行うことのできる学校の情報教育ならば、倫理と技術の習得を両輪に行うことに意味があろう。しかし、ここで教育を行う意味が問われる。

 情報教育を果たしてどれだけの人が受け入れてくれるのだろうか。世間一般での情報教育と言えば、それは初歩的な情報機器操作習得と情報モラルが挙げられる。その先の専門的知識については、一般人にはあまり縁のないものと思われてはいないだろうか。

 今は必要がない専門知識とて、将来的に関わりをもつ可能性はある。しかし、それをアピールするためには、安定した受け入れ先を明確にしなければならない。今の教育を受けているのは子どもたちだが、学校に通わせている保護者達が、子どもの進路に立ちふさがる情報教育の受け入れ先に不安が生じれば、わざわざ情報の専門教育を受けさせる意味を積極的に見出せるかは怪しい。

 そういった意味で、情報モラル教育が殊更注目される現在の状況は、情報教育全体から見ればあまり好ましいものともいえないかもしれない。ただでさえシステムエンジニアの職場にブラック企業が多いとの噂が流れている現況は専門知識への渇望を減退させかねない要因の一つともいえる。

 情報モラル重視によって生まれた一般的情報教育への注目度を利用し、専門的情報教育の推進を図らなければなない。これには多くの有用な人材を輩出することで受け入れ先を確保し、情報教育及びその先を見据えた改革の一端となることも期待されているのだ。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【情報教育の受け入れ先】

 一概に情報教育と言っても、その幅は広い。情報機器の初歩的技術からプログラム構築が出来る専門的知識の習得、日常的に使えるネットワークの活用方に加え、そのネットワークを管...

まとめwoネタ速neo 2012-05-19 (Sat) 04:34


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。