教育徒然

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

教育って誰の為?

 studygiftが話題に上がっている。別にどうでもいいなと思っていたのだが、ふと気になる点があったのでそれを踏まえて今回の騒動を考えてみるに至った。

 まずstudygiftの取り組みそのものは奨学金の新たな形としてみるにはいいのではないかと思う。肯定的意見にもあるように援助したい人が勝手に援助するだけなので、する側とされる側双方にとって損のない話なのだろう。いわゆるSNSの使い方として考えても、やったもの勝ちやアイディア勝ちという点からすればしてやったりというものなのかもしれない。

 否定側にしてみれば、援助される人間がお金をもらうに値する人物かという点が重要なようである。これまで支給されていた奨学金が停止するのは、それをもらうに値する人物ではなかったのだから、今回のような「やったもん勝ち」という形で金をもらうのは許されることではないというものだ。

 この点だけに注目してもかみ合うものではないので、もう少し大きな視点に立ってみてほしい。それがタイトルに出した「誰のための教育」なのかということである。結局のところ支援を受ける坂口さんや中間に入るstudygiftにとってみれば、教育を受けたい個人の目的が叶えばそれで万事問題ない。教育を受ける個人及び自団体にとって損になることは一つもないのだから。

 では支援する側にとってはどうなのか。これは一人の個人が教育を受けるだけが目的で構わないのか。これまた支援する人が個人でそれで構わなければ問題ない。しかし、集団となればどうだろう。ネット上で反対意見がでるように、支援する人を選別したいと思うだろう。これは、集団いわゆる社会性を有した人たちから金を出すという事で、たとえ自分でなくとも社会から出ると考えると何の理由もなく金を出すのは損にしかならないと考える人もいるのだ。

 そういった意味でもし教育に金を出すならば、その成果や功績に対してのみ投資したいと考えるのも当然なのではないだろうか。義務教育とて、ただ漫然と金を出しているだけではない。教育にそれだけの金をかけることが後につながると思うからこそ義務教育は無償で国が行っているのだ。

 studygiftは今後支援の幅を広げようとしているようだが、教育支援を単なる慈善と考えているのであれば、かなり早い段階で失敗につながると思う。奨学金を受けていた人物のツイートで「自分は奨学金の返済を今行っているが、今の学生の助けになっていると思うからきちんと返していく」という趣旨のものがあった。結局のところこれに尽きると思う。確かにある人のツイートの通り日本には無返還の奨学金は少ないかもしれない。しかし、返還されている奨学金が次世代の為になっていることを考えれば、それもまた致し方なしと考えることが出来るのではないだろうか。最もだからと言って現状の奨学金の制度のままでいいとは考えていないが。

 こういってなんだが、今回のstudygiftはプレゼンの仕方を失敗したのではないかと思う。困っている人を助けたいとするのはいいのだが、困っている人と自団体に利する形のメリットしか見せることが出来なかったのがマズイ。活動内容の報告や企業メリットを打ち出しているが、善意の大好きな対象にだけアピールするのではなくネット社会にアピールしたために、社会へのメリットも要求されてしまった。これでもし援助をうける坂本さん本人が援助の代わりにボランティア活動などを行う等、即時的な社会要求や長期的な研究成果で応えるならば事態は変わっただろう。

 むしろそういった社会への還元をアピールしなければ、いくら苦学生がいるといっても今後得体のしれない他人に援助をしてくれるとは考えにくい。下手をすれば何もせずとも金銭をもらって遊んでいる学生を量産してしまうかもしれないのだ。

 ただでさえ、今のネット社会は妙な構成になってきていると思う。家族や地域コミュニティなどへの参加が薄れたぶん、ネット社会への意識が高まってきた。自身がネット以外で関わるコミュニティに所属出来なくなった代わりにネット上にあるより大きな共通認識を抱えた、分かりやすいコミュニティに所属し社会意識を持とうとしている。

 そんな社会の中で教育に関する金を無心しようとするのであれば、社会性を見据えたアプローチをしなければならなかったのではないだろうか。いずれにせよ今後の取り組みを見ていかなければ判断はできないだろう。日本だけではなく、海外へのアピールを考慮も入れてくるかもしれない。いずれにせよ話題には事欠かないだろう。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【教育って誰の為?】

 studygiftが話題に上がっている。別にどうでもいいなと思っていたのだが、ふと気になる点があったのでそれを踏まえて今回の騒動を考えてみるに至った。 まずstudygiftの取り組みそのも...

まとめwoネタ速neo 2012-05-20 (Sun) 18:54


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。