教育徒然

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

知識は栄養。

 デジタル教材について考えていた時に、唐突に思考が飛び、なぜか生徒に勉強させるという事は、木を育てるという行為に似通っているのではないかと思い至った。それについて綴っていく。一応授業を行っている姿に重ね合わさって見えたものである。

 まず地面に若木が生えている状況を想像してほしい。この若木こそ生徒であり、一定の広さの土地に何本もの木が植わっている状態が見て取れる。すなわち学校で学ぶ生徒の姿に近しいものである。基本的に木は成長するために地面から水や様々な養分を吸収する。この地面に含まれる水や養分が知識に当たるものだ。

 地面に含まれる水や養分に様々なものがあるように、知識と言っても色々なものがある。特に学校という地面には、固体化した栄養ともいうべき、教科書に代表される知識が豊富に埋まっている。教科書の知識の中には分かりやすく水のように吸収されやすいものもあるが、あまりにも内容が難しく固体化したままで知識として吸収されにくいものも存在する。

 それを水をまいて柔らかくするように、吸収しやすい形に変えるのが教員である。また場合によっては、不足している養分を地面に撒くように、補足知識を伝える。このとき、出来るだけ偏らないように一斉に伝えている姿は全体指導を行っている姿のようでもある。

 さらに、教員の役割としては伸びる方向の見極めをするような行為に近い。まだまだ小さな若木であり、見えやすい位置にあることから、伸びる方向があらぬ方に偏ってしまう場合には、一つの支えとなるような軸棒を立てて少しばかり調整をかけてやる。この軸棒が曲がっていたり、妨害にもなってしまうような立て方になると、生徒の可能性を潰してしまうと危惧されるのかもしれない。また、あまりにも統一的なやり方で木の生長方向を限定してしまうと個性がないような育て方をしていると指摘が来る可能性も考えられる。

 では、こういった木に対して、デジタル教材を与えるとは一体どういう事態になるのか。私の個人的初見としては、栄養剤を含んだ注射を幹に直接さしてもらうようなものだと考えている。しかも、若木の要請に応えてである。デジタル教材はこれまでの教科書や資料集などに比べると情報量が圧倒的に多く、栄養と考えても非常に濃いものである。加えてネットに接続していることも想定すると、自ら望んで多くの情報を引き出すことも出来る。ゆえに栄養剤の注射と例えてみた。

 これは、地面に撒いた栄養だけを吸収するよりも遥かに吸収率が高く、多くの効果が期待できるだろう。教材に出来次第で、知識を教員がわざわざ分かりやすく説明する必要性もなくなるかもしれない。そう考えると、デジタル教材導入を加速させようとするのもわかるというものだ。

 しかし、ここで一つ問題が発生する。若木の要望に応え望む知識(栄養)を与え続けた結果出てくるのは、好き放題に伸びる幹と枝である。多くの知識を得ることで、成長の限りを尽くすのは喜ばしいことだが、それを形よく調整しようと画策するとなると、これは至難の業である。しかも、若木が望んで手に入れた知識の内容が脈絡のない系統を辿って行ったとなると、それを把握し、間違った点がないかどうかを検証するだけでも多くの時間がとられる。これを一人ではなく、多人数で行うとなると途方もない労力が必要となる。

 これを個性を伸ばしたのだから良い結果であると判断するかもしれない。しかし、その個性を本当に社会は認めているだろうか。結局のところ、いくら個性を伸ばしても、企業ですぐに役立てるような画一的な姿を望んではいないだろうか。それを今一度考えてほしい。また本当に個性を伸ばしていいとするならば、それに対応できるだけに人数を確保してほしい。少人数でならば対応できることも、30人に対してたった一人で全員の要求に応えられるような余裕はうまれてはこない。

 また、この栄養剤投与は一定以上の成長率を有し、同じような成長速度の集団である場合には有効であるが、ゆっくりとしか成長できないものには極めて有害であることも考慮しなくてはならない。多すぎる栄養が毒となって吸収されず、腐ってしまうように、多すぎる情報量はオーバーヒートを起こさせてしまう危険性もあるのだ。

 こういった状況を鑑みたうえで対策を考えていくことが早急に必要である。改めて考えると何故木の成長に例えようと思ったのか自分の思考を疑うが、何とはなしに「知恵の実」という言葉に思いついてある意味納得した。若木はいずれ立派な木へと成長し、新たな「知恵の実」を落とし、後世へと伝える。実を手にするのが一体誰になるのかは分からないが、腐った実とならぬよう手入れをすることもまた周囲の役目である。

 


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【知識は栄養。】

 デジタル教材について考えていた時に、唐突に思考が飛び、なぜか生徒に勉強させるという事は、木を育てるという行為に似通っているのではないかと思い至った。それについて綴って...

まとめwoネタ速neo 2012-05-23 (Wed) 04:16


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。