教育徒然

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

面白さを理解できるか

 情報モラルが大事だといくら叫んでも、今一つ伝えきらない気がしていた。それは生徒たちに対してではなく、大人たちに対しての方が強く感じる。確かに大事だと分かっているのだろうが、どうも噛みあっていないようで歯がゆさが拭いきれないのだ。特に子どもたちを守るために情報モラルを教えるべきと考える人ほど伝えるのが難しい。

 それが何故かを考えて、ようやく「ああ、この人ネットを危険だと考えているだけなんだ」と思い至った。確かにネットには危険な内容は多い。一部の炎上やコミュニティの落とし穴の事例を数点見ただけの人間だと、子どもにネットをやらせるのは危険だと考えるのは致し方ない。そもそもネットを限定的にしか利用できないのが大多数なのだから、危険な点を前面に出されれば、「子どもを守るために情報モラルを」と叫ぶのも無理はない。

 しかし、「子どもを守るための情報モラル」とは利用法を制限しているという側面も認識しなければならない。むしろ足枷をつけて、やりたいという欲求にも蓋をしているとも言える。それを象徴しているのがフィルタリングである。勘違いしてほしくないのは、私は別にフィルタリングを批判したい訳ではない。フィルタリングはネットのことを何もわからない子どもたちにとって非常に有効な情報の与え方であり、今後のためのトレーニング場として捉えれることができる。とはいえ、そのフィルタリングが何を遮断しているのかを知ろうとしないのは怠慢である。

 そもそも子どもは当初ネットに対してそれほど強い欲求を持っているわけではない。周囲の環境や自らの知りたいという欲求が出てきた時に初めてネットというものをツールとして利用する。そして其処に溢れる様々なものに興味をそそられれば好奇心からさらに奥へと進むのだ。その好奇心に一定の歯止めをかけるのがフィルタリングである。本来であれば、もともとが制限された環境によって止められるものだが、ネットの場合には当人が追及をやめない限り止まることはない。もちろん限界点もあるが、そこに到達するまでに補って余りある情報が存在する。

 だが、子どもはネット以外からも様々な経験によって成長するのが望ましいので、あまりネットだけに集中するのが好ましいとは言えない。それを果たすために疑似的な境界であるフィルタリングを使うことが重要なのだ。分かり易い例でいえば「テレビゲームばっかりしてないで勉強しなさい」だ。この場合のテレビゲームがネットであり、勉強しなさいと釘をさしている親がフィルタリングだ。そう、実際に言えば保護者が管理できればフィルタリングは必ずしも必要ではない。しかし、際限なく広がるネットについていけないことからフィルタリングを導入するのが当たり前となって、そこに任せるようになってしまった現状が存在する。

 では、なぜ子どもがそれほどネットに集中するかというと、それは単純に面白いからである。これまでの娯楽の主流となったもの自体がネットには散在し、同時に知識・知恵そのものも存在する。ゆえにその面白さから逃げられなくなる。そして、今は新たな楽しみ方としてのサブカルチャーが盛り上がっている。そこに自ら進むのは止められない。

 だが、フィルタリングに任せ、楽しみの場としてのネットを見つけていなければ、子どもたちが何を楽しんでいるのかが見えてこない。そして断片的に聞こえる負の側面を聞き続けることで、両者のネットへの理解についての認識差が浮き上がってしまう。そして保護者の規制と子どもの反発が際立つ構図がはっきりする。そしてこの保護者の規制こそが一般に考えられる「情報モラルを教えるべき」という態度だ。

 だが、ネットを出来る限り活かし、楽しもうとしている人達にとってみれば、子どもたちがネットに触れているのが、何も知らない中、興味津々で崖っぷちを覗こうとしているのを目撃しているようなものである。あまりにも無防備な態度に、「ここは危険だから注意しないと危ない。手すりのあるところからまずは見なさい」と教えようとしている。それが、ネットを楽しんでいる人たちが考える「情報モラル」である。
 
 この「情報モラル」の認識の違いが今の歪な「情報モラル教育」にあるのではないだろうか。どちらが正しいというものではないが、少しは楽しまなければ、ネットを扱えないのではないかと思う。ネットに興味のない人ももう少し踏み込んでネットのサブカルでもなんでも面白がって欲しい。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【面白さを理解できるか】

 情報モラルが大事だといくら叫んでも、今一つ伝えきらない気がしていた。それは生徒たちに対してではなく、大人たちに対しての方が強く感じる。確かに大事だと分かっているのだろ...

まとめwoネタ速neo 2012-06-20 (Wed) 18:44


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。