教育徒然

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

導入までの長い道のり

 巷では、ipad等のタブレット端末を使った授業が一部実施されているという。実際、その手のニュースを見かけることもあるのだが、いまいち伝わってこないというのが現状であるように思う。この調子でいくと、いったいいつになったらそれらを導入することにつながるのか、分かったものではない。

 効果の検証なども出てきており、「一部保護者の関心も高い」などと言ってはいるものの、それらが姿を表す気配もないのである。というより、しょせん実験でしかなく、導入のことなど端から頭にないのではないかと思ってしまう。生徒たちのスマートフォン所持率はどんどん上がってきている。にも拘らず、使い方や機器そのものについての関心は薄く、情報モラルやセキュリティに関して知ろうとする努力もなかなか見受けられない。

 タブレット端末でできる授業を考えることと情報機器や情報ネットワークに関する知識を知ることは別物ではあるが、今の段階では両者があまりにも乖離しすぎている。これをもう少し近づけることが出来なければ、今後の展望は暗いままではないかと危惧するばかりである。

 本当に何とかしないとならない。

PageTop

読んでみようと思う。


「病的な自分好き」が急増、原因はインターネットでの投稿にある?

 まだこの本を手に取って読んでみたわけではないが、記事に書いている内容からは一部その通りだと思える箇所もある。ただ、本当にインターネットの影響が大きいのかという部分については何とも言えない。いずれにせよ読んでみなければ分からないかなという印象。

 しかし、問題はそれにとどまらないように思う。もし本当にそのとおりであるならば、子どもたちに及ぼす影響についてもう深く考える必要性が出てくるだろう。むしろ子どもたちが触れる機会が多いゆえにそうなっているとも考えられる。果たしてどう見るべきか。

PageTop

授業見てる?

 以前ここに書いたことがあるように、出来るだけ私は多くの人に授業を見てもらって、何か改良できるところはないかと思っている節がある。それが生徒の為であり、自分の為にもなると考えている。そのうえで、妙に思えた意見があった。それは「非常勤講師は研修を受ける機会がなく、教採を通ってきた後に、その癖を直させなければならない」といった主旨のものである。一見、的を射た意見のようにも思えるのだが、どうもしっくりこなかった。その違和感について述べる。

 現在の教育現場に非常勤講師は多い。先日、派遣会社から教員を派遣してもらうことについて一定の疑義が出たことも関連して、非常勤講師の資質などを問題視している人も多いだろう。だが、本当に非常勤講師は質が低いのだろうか。そもそも何をもって質が低いと考えるのか。

 そのあたりを明確にせず、非常勤講師はダメだと決めつけてしまうことは非常に横暴であるように思える。そして、研修を受けずに授業を行っていることが、これまでの教授法に劣っていると考えることもまた早計ではないのか。そもそも各学校で行ってきた授業は、そこで培ってきた技術であるがゆえに、その現場においてもっとも効果を発揮するものである。それを見ずして、「あなたの授業は癖があって一般的ではない」とするのはあまりにも実践を見ていない。

 実際に指摘をするのであるならば、生徒を目の前にした状況を目の当たりにし、さらに生徒自身がどのような性質をしているかを把握したうえで、指摘をしなければならない。一般的な教授法やたった数例の良いと思われる実践例を出されたところで、教育の善し悪しをその場で図ることはできない。

 一枚のプリントを例にとっても、それは各教員が実践で使ったものであり、使用する際の前提条件を明らかにして、同じような状況まで持ち込まなければ効果が発揮されることはない。

 そのあたりをもう少し考えてほしいものである。

PageTop

静かに注目。

森田貴英氏による「著名人とフォロワーの構造、はるかぜちゃんと橋下徹」についての考察

 タイトルや述べられている言葉の中に著名人の名が入っているが、本内容に関しては今後の情報教育において一考しなければならない意見が入っているものと思う。どのように考えるかはそれこそ人それぞれだが、これを如何に咀嚼して子どもに伝えようかと思わせる内容であった。

PageTop

情報交換・共有

 ここ何年かの出来事の中で良く思うのだが、出来る限り知り得る範囲内で、情報交換は行った方がいいように思う。自分が知りえた情報がいかな価値を持つのかは分からないが、思わぬところで役立つことがある。そういった点において規模の小さな場では、情報の交換・共有が行われやすい。しかし、小さいがゆえにわずか数人の対応でことが収まり、共有する間もなかったりする場合もある。手早く処置が行われること自体は非常に望ましいことである。だが、その過程やノウハウなどの詳細な点が語られぬまま片付けられてしまうのは、勿体ないと思うのだ。

 それぞれの生徒に対して、どういった指導を行ったのか、それらが語られるのは、たいていの場合、指導が長引いたときである。それまでに散々手を尽くし、各方面の力も借りたことから、説明の必要が生じるようになる。もちろんそれも重要なことである。色々と方策を練ってきたことが、後の手段の基礎となることもあるので、それらは必要な経験である。しかし、実質は簡単に片付いた中にも、とった対応策が良好だったものもあり、それらが埋もれず、継承されることが求められる。

 特に少人数でさっと片付けてしまうのは、それだけ適切な指導をした結果だと思うのだが、それらのノウハウをどうにかして残さなければならない。いわゆる普段の会話やアドバイスなどが、その継承にあたるのだと思うが、その点がうまく機能していないのも現代教育の問題点にあるのではなかろうか。

 最近になって妙にそんなことを思う。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。